家族葬の相場

現代のお葬式はずいぶん安くなったと聞きます。

しかし、いったい自分の地域でお葬式をする時にどれくらいだと

『この内容でこの金額だと相場だから納得出来る』と思えるでしょうか?

まずは現代のお葬式の形式を少し説明します。

 

家族葬って?

家族葬って明確な定義は実はありません。

何人までのお葬式が家族葬なのか?

どれくらいの費用までが家族葬なのか?

家族葬という言葉は、お葬式は高い!納得出来る金額ではなかった!という声がチラホラと上がり始め、お葬式に費用はかけたくないって人が増えた時に出てきた言葉です。

100名の参列者(お葬式にきてくれた人)がきてくれたお葬式も家族葬。

家族と親族合計20名のお葬式も家族葬と言います。

今では家族葬が一般葬と考えていいです。

 

家族葬 相場

全国平均は¥1,889,000-(2014年度:日本消費者協会)です。

約200万です。

内訳はこのようになります。

kingakuutiwake

 

地方によってかなり差が出ます。

地域によっては今でも300万くらいかけるところもあります。

都心部は、50~60万の家族葬が一般的な場所もあります。

全国平均はこちらをご覧ください。

S_article_032souginoheikinhiyou

家族葬の内訳は?

一般的な内訳をご説明します。

  1. 病院に寝台車(ご遺体を搬送する車)で迎えにきてもらう。
  2. 自宅へ搬送。(もしくは安置場所。別途費用が必要)
  3. 身支度や納棺作業。
  4. 打ち合わせを行いお通夜と葬儀告別式の日程を。
  5. 供花を手配したい時は担当葬儀社にお問い合わせするのが一番良いです。祭壇とのバランスなどを考えて供花を手配してくれます。臨海斎場 供花で色々と説明しています。へご遺体を搬送。
  6. お通夜。
  7. 葬儀告別式。
  8. 火葬場へ搬送。
  9. 火葬。
  10. 収骨。

このような流れでお葬式は進みます。

費用の算出は、家族と親族の人数。参列者の人数。

祭壇の規模などで変わります。

葬儀 大阪18

直葬って?

直葬とは、病院から一旦ご遺体を搬送し、24時間経過後に火葬だけで見送る一番費用がかからないお別れの方法です。

火葬式ということもあります。

火葬炉の前でお坊さんにお経を読んで貰うことを『炉前の読経』と言います。

費用は家族葬の半分くらいが相場だと思います。

内訳は火葬費用・棺・寝台車費用などです。

直葬でも枕かざりやドライアイスを含んだ見積もり金額を提示している堺市で公営斎場を利用した費用を抑えた葬儀をお考えなら堺市斎場を確認してください。

葬儀 大阪94

良い葬儀社選び

良い葬儀社とは、見積もりが明確であることです。

葬儀社は正直一昔前は一般の人があまり詳しく分からないので、葬儀費用一式200万とか不親切な見積もりを提示していました。

葬儀が終わり、四十九日法要も終わったころにお葬式の費用に対して納得できないという人が多かったのも事実です。

10年ほど前から市民団体や堺市で公営斎場を利用した費用を抑えた葬儀をお考えなら堺市斎場を確認してください。でも意識改革が始まり、きちんとした対価を示して納得して貰おうという動きが始まりました。

絶対条件は見積もりが明確で分かりやすいことです。

葬儀 大阪31

ご家族の気持ちに応えようとしてくれる葬儀社です。

ご自分が事前に葬儀社を決めておこうとしている時は、自分の希望をきちんと伝えること。

家族が葬儀社を選ぶときは、自分達はどうしたいのか?故人はどうしたかったのか?を伝えること。

それに出来る範囲内で応えようとしてくれる葬儀社が良い葬儀社と言えます。

『みなさんこうしてますから。』

『一般的にはこうしますから。』

こういう言葉でごまかすような葬儀社ははっきり言って選ばないことをオススメします。

葬儀 大阪67

お葬式はやり直しはききません。

結婚式は最近では2回する人もいるようですが、お葬式はやり直すことが出来ないセレモニーです。

亡くなった人の人生最後のこの世でのセレモニーです。

大きなセレモニーを、精神的に辛く落ち着かない状態で短時間で高額な買い物を選択しないといけません。

時間がない中で選ばないですむように、事前見積もり・事前相談が本当は一番家族に優しい行為です。

見送る人も見送られる人も後悔しない葬儀社を選んでくださいね。
大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

葬儀 大阪1